フィナステリドとニードル植毛で抜け毛を減らす

フィナステリドはAGAの治療薬としてFDAでも認めている成分です。フィナステリドは1992年にプロスカーという商品名で、前立腺肥大の治療に使われていました。しかし副作用として、AGAが改善されたことで、1997年にAGAの治療薬として認可されました。フィナステリドはAGAはジヒドロテストステロンというホルモンによるものです。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンが変換されたもので、変換酵素を5αリダクターゼといいます。フィナステリドはこの5αリダクターゼの作用を阻害するため、AGAの進行を止めることができます。フィナステリドは継続して服用することで効果を発揮します。途中で服用を止めるとAGAは再び進行します。またAGAは、植毛することで見た目をすぐに大きく変えられます。自分の髪の毛を移植する自毛植毛は、施術に使用する器具によってニードル式とスリット式に分けられます。ニードル植毛は、専用の細い針を使って穴を開けたり埋め込んだりします。スリット式はスリットを入れて二回の施術を通して植毛を完了させるのに対して、ニードル式は1回の施術で終わります。傷が大きく作られないので、肌が黄色くて傷跡が目立ちやす東洋人に最適の方法です。また毛穴ひとつ当たりに生えている髪の毛が少ないので、ニードル植毛が広く用いられます。この方法は、主に生え際や分け目など狭い範囲での施術が有効です。髪の毛を植える角度を自由に選択できるので、好きなヘアスタイルになります。フィナステリドの服用で効果が十分に現れるまで、ニードル植毛で見栄えを良くしておくことで、抜け毛が減らないストレスを解消することができます。